LED
飲食店経営

電球をLEDに

2018年3月30日 By

電力会社の事を紹介したので、ついでと言っては何ですが、LED照明についてご紹介します。
LED照明が登場してもうかなり経ちます。
登場したてはかなり高かった記憶があります。
お店の照明ってまとめて買うと、お店のサイズにもよるでしょうが結構な出費になってしまいますし、すべてをLEDに変えるとなると何万円かは覚悟しなければなりません。ですが、あえて言えば、すぐにでも変えた方がいいと思います。

まず第一に、電気料金がどれだけ下がるか?というのが気になるところですが、前回の「電力会社を見直す」の件でも触れましたが、約19坪のお店の電気料金はピーク月で約8万円ほどと言いました。これはLED導入後の電気料金で、普通の照明を使っているときは約11万円でした。
その差約3万円。

あと、普通の電球はお店という営業時間中ずっとつけっぱなしというのもありますが、本当によく切れます。
お店の照明というのは、デザイン的にも、家庭で使うような形じゃないものを使用するものも多く、切れたからと言ってコンビニなどですぐに買ってくるわけにはいきません。amazonのようなネットでたくさん買って、常にストックしておきますが、買い置きが切れていたら、何日かは切れたままでの営業です。カッコ悪くてしょうがないです。
比べてLEDは本当にめったに切れません。
LEDに切り替えて4年ほど経ちますが、お客様が誤って割ってしまった以外で、壊れてしまったのは一個もありません。

弊社の照明はLEDに変えましょうと言う営業さんが来て、業者さんに頼んだのですが、正直これは失敗したなと思っています。
5年で払い終える契約でひと月約2万円引かれます。
一万円浮くからいいじゃんと思うでしょうが、2万円×12か月×5年で約120万円です。
それでも一万円浮いてるから、浮いたお金は1万円×12か月×5年で約60万円ですから文句は言えません。

ちなみにですが、もう一軒のお店は約16坪のお店で、入居と同時に全ての照明をLEDに変更しました。
ヨドバシカメラにいって(これはネットで買ってもよかったのですが、形が合うかわからないので、店員さんに聞きたかったため)、おっきな袋を抱えて自分で取り換え作業してしめて6万円で済みました。
お店のサイズも時期も3年位後ですので同じ条件ではないでしょうが、その差は114万円です。

今は4年前と比べても、LED自体がだいぶ安くなっています。
自分で形を調べて、自分で買って、自分で付けちゃえば、お店の広さなどの条件にもよりますが、2か月で買った値段分はペイ出来てしまうでしょう。
ひと月に電気料金が数万円安いというのはせこい話ではないと思います。
一年単位で考えたら数十万円の差になります。
特に努力する必要もなしに。

まだ、照明がLEDではない方はぜひ考えてみてください。